大学受験に強い塾!合格率の高い塾とその特徴

塾の規模の違いを把握してみる

学歴ではなく、その人材の能力やモチベーションを評価するべきだと言われるようになって久しいですが、今でも就職に学歴は大きな影響を及ぼしています。特に、今は少子化や入試の多様化が進んだこともあって、大卒が当たり前の時代です。その生徒の進路や学力で事情は異なってきますが、国公立の難関大学などを狙っている場合は、完全に自宅で学習するよりも、進学塾で合格へのノウハウを学んだ方が成功への近道と言えます。今はたくさんの塾が乱立しているので、本当に通ってメリットのあるところを吟味して選ばなくてはいけません。塾の規模は個人経営と企業経営に分かれています。個人経営はフットワークが軽く地元大学に強く、企業経営の塾は膨大なデータ量と一定水準以上の指導力などが特徴です。

塾に通う本人の性格や能力に適っているのか

潤沢な広告費を投じて宣伝に力を入れていて、知名度も非常に高い塾はその分生徒が集まりやすいですし、実際に毎年のように教え子たちがどの難関大学に合格したのかを新聞広告などに掲載しています。でも、必ずしもブランド力のある進学塾が子供にとって有益だとは限りません。本人の性格や勉強の仕方と塾の方針が合わなくては、せっかく講師の指導力が高く、各大学の受験データなどを考慮したカリキュラムなどを持っていても、その成果を充分に発揮しきれないでしょう。他の生徒と一緒に効率的に学べる集団指導方式の塾か、その生徒の弱点や得意分野、希望する進路を踏まえてオーダーメイドの受験対策を練ってくれる個別指導がいいのかは、その子供ごとに違っています。