教室型・個別指導・Web塾…進化する塾の形態

教室型・個別指導の特徴について

中学受験・高校受験・大学受験用の塾は日々進化しており、どの形態の塾も利点があるのでその人その人に合う形態を選んだ方が良いです。教室型は、数十人が同時に教室で勉強を学びます。教室では先生による実際の授業の他ビデオ等の授業もあり、友達とワイワイ学べて、個別指導と比べれば大人数で授業を受けるので費用が安くなるのが魅力ですが、教室まで自分で移動する必要があります。 個別指導は、生徒一人に対して先生一人で授業を行うので、生徒が先生に質問を行いやすく、その人に合わせたきめ細かな授業を行えるのが魅力ですが、教室型に比べたら費用は高くなる傾向にあります。 教室型・個別指導は、自分の住んでいるその地域付近の先生に授業してもらうことが多いです。

Web塾の特徴について

Web塾は、インターネットを利用して学びます。移動の必要性が無く、雨の日でも雪の日でもインターネットに接続できるパソコンやスマートフォン等のテレビ機能を利用して授業を受けることができます。テレビ電話なので臨場感があり、まるで先生が近くにいるかの様な状態で授業を受けられるので良い意味の緊張感の維持が可能です。

また、日本中どこにいても生徒は授業が受けられ、日本中各地にいる優れた先生の授業を受けることができ、インターネットをフル利用して例えばメールでの添削等も行っています。日本で英語教育は重要視されていますが、場合によっては英語圏在住の先生から本場ならではの発音等に関する授業をWeb塾では受けることが可能です。この様に塾は時代に合わせて日々進化していて、現在の生徒は選択肢が増えたと言えます。